2015年1月18日を持ちまして平鹿町での営業を終了致します。

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark

このエントリーをはてなブックマークに追加

本当に突然の事で、とても残念な事が置きました。

麺屋新月は、2015年の1月18日を持ちまして平鹿町での営業を終了致します。
理由は、現在のテナントで営業する事が困難になった事

その原因とは、詳しくここに書く訳にも行かないですが
麺屋新月としては、受け入れる事の出来ないお話でした。
麺屋新月の外部の問題の煽りを受ける形で、不本意ながら
この建物を退去することを決意致しました。

せっかく、本当に沢山足を運んでくれている常連の皆様が出来て
営業も順調に進んでいると思っていた矢先の出来事で
自分でも、未だに信じられないですし、納得出来ないで居ます。

この場所を出ると決めたのが、15日の事です。
それまでは、この建物に居ようと考えていたのですが
このままでは、麺屋新月が被害を受けそうな事案が発生しており
やむを得ず、移転という判断を致しました。

しかし、移転と言っても、1ヶ月足らずで、移転先を見つけ、移転し
営業するということは、運が良くなければ、とても出来ないことだと思います。

今の所、移転先の候補地も見つかっていない状態です。

ですので、今後、営業を続けるのであれば
時期を待ち、居抜きの物件を探すか
または土地を購入し、建物を建てるか
この2つで考えて、不動産屋を回るつもりでいる所です。

候補地はいくつかあるのですが、今の平鹿町では無く
違う場所になると思います。

運良く居抜きの物件がすぐに見つかり、3月位にオープン出来れば
良いのですが、建物を建てたりした場合、もっと先の営業再開になるでしょう。

また、自分が思っている予算内で土地購入、店舗の建設が出来なかった場合
居抜き物件が出てくるまで、他の仕事をし、待っているか
もしくは、本当に転職をするか・・・・・そんな状態なのです。

今回の問題は、麺屋新月に一切の非はなく
また、麺屋新月の経営状態が悪い訳でもなく
本当に理不尽な事で、今後のこの店舗での経営が困難だと判断した結果です

弁護士の先生のお話を伺いましたが
こちらが完全に被害を受けて、諦めるしかないそうです。
店を始める際にリフォームしたお金も、こんな問題が出ている物件を出るのにも
保証は出ないそうです。

お金が無い人から、お金って取れないんですって・・・・・
笑っちゃいますよねw

ということで、経緯を簡単に説明致しました。

一番、残念に思っている事は
本当に、本当にいつも当店に足を運んでくれてたお客様に
いつもどおりにラーメンを提供出来なくなること

それが自分ではない外部の問題で、出来なくなると考えると
また、今まで当たり前の様に出勤してラーメンを作って
いろいろ考えてとか
この場所で、当たり前にやって来たことが急に出来なくなるって
思うと本当に泣きたくなる。

とはいえ、ここで泣いて諦めても駄目だと思いますし
これからは、麺屋新月を移転、再出発を切れるように全力で頑張ります。

残り僅かの営業ではございますが、今後とも麺屋新月をよろしくお願い致します。

なお、平鹿町の店が閉店し、一時店舗がなくなったとしても
このホームページやLINE、Twitterは生きていますので
このページを通して、どうなるかなど報告はしていくので
新店舗に移れた際にも、どうぞよろしくお願い致します。